検索
商品カテゴリー

・誕生石から選ぶ
1月ガーネット
2月アメジスト
3月アクアマリン
4月ダイアモンド水晶
5月エメラルド翡翠
6月ムーンストーンパール
7月ルビーカーネリアン
8月ぺリドット
9月サファイアラピスラズリ
10月オパールトルマリンタイガーアイ
11月トパーズシトリン
12月トルコ石タンザナイト


アパタイト

 
Apatite verte (Russie)

和名は燐灰石(りんかいせき)と呼ばれるアパタイトは、ブルーやグリーンなどの爽快感のある色あいが美しい石です。
透明感のある石はとても美しく、特にこの青の色に魅力を感じます。

◎アパタイト
燐灰石(りんかいせき、apatite、アパタイト)フッ素燐灰石
リン酸塩鉱物の鉱物グループ。
・主な産地・・メキシコ・スペイン・ミャンマー・ブラジル・アメリカ・インド・スリランカ・チェコ・ロシアなど。
・化学式・・Ca5(PO4)3(F,Cl,OH)、
・結晶系・・六方晶系。
・比重 3- 3.2。屈折率 1.632 - 1.646。
・光沢・・ガラス光沢。
・結晶は六角柱状、六角板状で産出される。
・モース硬度・5
・語源・・アパタイトのapatite は、ギリシア語の apate 「ごまかし、策略、だます」 からきています。
なぜそんな言葉がこの美しい石の語源なのかというと、この石が、アクアマリンや紫水晶、フローライト・トルマリンなどの他の鉱物と間違いやすかったためなのです。そのため、少し不名誉な由来の、この名前がついたそうです。

・石言葉・・惑わす・信頼・自信・調和
・色・・おもに青緑、グリーン、青色、褐色が多く、その他に無色、白色、茶褐色、グレー、紫色、などさまざまな色合いを持つ石です。

●本来は無色か白色が一般的なのですが、リンとカルシウムの一部が、別の元素と置き換わることによって、色々な色彩の石ができます。
そのなかでも、宝石としては扱われるのは、大きいサイズの無色の石が用いられています。
そして、大きな石はなかなか産出されない為希少価値があります。

硬度が低く、多面体にカットされたアパタイトは、たとえ小さな石であってもアクセサリーなどに加工されています。
ガラス光沢を持ち、色が綺麗な黄色や緑や青などのものは、素敵なジュエリーとして見かけます。
中でも特に、透明度のある美しい青色の石は、高級な装飾品としても人気があります。

その他・化学肥料の原料や、化学製品の原料にも用いられています。
ハイドロキシアパタイトは歯科医療でのデンタルインプラントや、人工骨の原料としても使われています。

アパタイトは癒しの効果が強く、沈んだ気分の時には、前向きに行動できるように治してくれます。
物事を消極的に受け止めたり、悩みを溜め込んでしまう時に身につけてください。
アパタイトのエネルギーが悪い気を取り除き、本来の健全な状態に戻してくれるといわれています。

アパタイトは、意思の伝達能力や社交性を発揮させるといわれる石でもあります。
人との交流がうまくできないような時でも、周囲に惑わされる事なく、素直に自己を主張できるようになり、それが自信につながっていきます。
いままで自己表現が苦手な人も、自分の意見が上手に言えるようになれるでしょう。
そして、これまでの古い価値観や思い込みを消し去って、自由になれるでしょう。

何か新しい事に取り組む時には必ず、お持ちになると良いと思います。
新しい環境の不安や迷いで決心がつかない時には、貴方が進むべき正しい方向を気付かせてくれます。

またアパタイトは、バイタリティが続かないとき、元気な自分を取り戻したいときに身につけると効果的な石でもあります。
心身のバランスを整え、ポテンシャルを発揮させてくれるでしょう。
そのほかの健康面で、積極的な考え方をするようになり、自信を与えてくれる効果があることから、ダイエットのお守りなどにする方もいるそうです。

☆アパタイトの浄化方法について
・月光にあてる。(色の退色を気にする方は、強い直射日光は避けたほうが良いでしょう)
・セージで燻す。
・水晶などのサザレやクラスターに乗せる。
・粗塩につける。


アパタイトの商品を探す
店主のコーナー
開運コラム
顔
開運の達人の
『楽園への扉』はこちら
QRコード
モバイルサイトも同じURLです。
対応キャリア
docomo
au
softbank