検索
商品カテゴリー

・誕生石から選ぶ
1月ガーネット
2月アメジスト
3月アクアマリン
4月ダイアモンド水晶
5月エメラルド翡翠
6月ムーンストーンパール
7月ルビーカーネリアン
8月ぺリドット
9月サファイアラピスラズリ
10月オパールトルマリンタイガーアイ
11月トパーズシトリン
12月トルコ石タンザナイト


シトリン

 
Citrine 1 (Russie)

■和名:黄水晶
■分類・・酸化鉱物
■化学式・・SiO2
■結晶系・・低温型:三方晶系 高温型:六方晶系
■光沢:ガラス光沢
■モース硬度:7
■色:黄色 茶色
■誕生石:11月
■石言葉:社交性・人間関係・自信。
■おもな産地:マダガスカル、ブラジル。
■語源は柑橘類のシトロンの果実の色に似ている事からきています。透明度が高く、光を反射する石です。

シトリンの定義は、鉄イオンによって黄色い色が付いた水晶。
シトリンならではの黄色は、誰でも親しみやすい、やさしい色あいです。
特に人間関係に良い効果があると言うのも、この色合いからなのかもしれません。
水晶系の石にもかかわらず、輝きには不思議と暖かなやさしさを感じ、心がやすらいできます。
シトリンの穏やかさや安心感は、喜びと安定を意味し、お金に関する心配事を減らし、財運、金運を運ぶと言われます。
不幸を避ける石でもあり、人間関係のトラブルを未然に防いだり、災難を避けてくれます。
持つ人のモチベーションや発想力も増やしてくれます。

組み合わせた石達とのコミュニケーションにより、パワーも強まり、石の波動が動きだすようです。
またシトリンは、チャクラを浄化するとも言われます。
その不安を取り除くパワーにより、心地よい安眠をくれる石でもあります。
 
シトリンは、持つ人に自信をつけさせ、熱意と意志を強くし、前向きな気持ちを持続させます。
みんなで何かをやろうとするようなときに、サポートしてくれます。
石の霊的な作用があることで、物事が動き出すのがわかるでしょう。


このようなパワーが必要な方にも向いている石です。
・精神や感情に安らぎを与え、心地よく癒されたい
・心身ともにリフレッシュして純粋に戻り、女性として魅力的に輝いていたい
・気力や体力を増やして、 いつでも明るい気持ちで過ごしたい

◎浄化方法
退色の心配がありますので、長時間直射日光にさらす事は避けたほうが良いです。
・月光にあてる。
・流水にあてる。(湧き水・ペットボトルの天然水・無ければ、水道水でも可能)
・お香・セージで燻す。
・水晶のさざれ、クラスターにのせる。
◎使い終わったら、柔らかな布で拭いて置いて下さい。


シトリンの商品を探す
 
店主のコーナー
開運コラム
顔
開運の達人の
『楽園への扉』はこちら
QRコード
モバイルサイトも同じURLです。
対応キャリア
docomo
au
softbank