検索
商品カテゴリー

・誕生石から選ぶ
1月ガーネット
2月アメジスト
3月アクアマリン
4月ダイアモンド水晶
5月エメラルド翡翠
6月ムーンストーンパール
7月ルビーカーネリアン
8月ぺリドット
9月サファイアラピスラズリ
10月オパールトルマリンタイガーアイ
11月トパーズシトリン
12月トルコ石タンザナイト

ラリマー



Larimar 2(République Dominicaine)

☆ラリマー(ラリマール)、学名はペクトライト、和名は曹珪灰石
■モース硬度:5
■ケイ酸塩鉱物
■化学式:Ca2NaSi3O8(OH)
■結晶系:三斜晶系

☆ラリマー(larimar、ラリマール、ブルー・ペクトライト)は、ペクトライトの中の青色系のもの。
ドミニカ共和国で1974年に発見されました。

ラリマーの語源・・石の発見者が娘の名前『ラリッサ』からと、スペイン語の「海」を意味する『マール』をつなげて「ラリマー」としたのが始まり。

ラリマーは現在のところ世界でただ1ヶ所、カリブ海に浮かぶ島国ドミニカ共和国のバオルコ村1km内のみで産出される、大変希少価値の高い石です。
ペクトライト自体は、他国でも採れるのですが、この青いラリマー特有の色や模様はドミニカ産ラリマーだけです。今では世界中で大人気となり、本当に品薄になってしまいました。

ラリマーは愛と平和を表す鉱物。三大ヒーリングストーンのひとつに挙げられる癒しの石です。(ラリマー・スギライト・チャロアイト)
透明な宝石とちがう不透明で青いこの石が、嵐のようなブームとなって行く間、知らない人は全く知らなかったことでしょう。
これほどまでに評価されたのは、見た目の美しさだけでなく、スピリチュアルシーンで驚きを持って迎えられたからでしょう。
それほど精神的な効能が高いと言えます。
昔なら、カジュアルなアクセサリーショップなどで、ラリマーを少し見かけただけでは、きっと多くの人が気づかないで素通りしていたことでしょう。
しかし実際に手に入れ、家にある状態になったときには、自分の一番好きな石であるとキッパリと断言するようになります。
この石の持つ精神的作用が、なんともいえないリラックスした雰囲気をくれるからではないでしょうか。
ラリマーは、怒りの感情を沈め、間違った考えを正してくれます。そして、人生をより良い方向に導きます。
そして持ち主に愛と平穏、友情を授け、明るい未来を招いてくれます。

南国に住んだり旅行したことのある人ならばご存知の、あの海と空の間にいる雰囲気を思い出させてくれる、そんなパワーストーンです。
ラリマーを持って瞑想する時間は何物にも代えられません。自分のハートが何を欲しがっているのか、そのために明日からどうすればいいか、エンドレスな喜びに近づく方法を教えてくれるでしょう。

☆浄化の方法
・月光・・月光はパワーアップに最適です。
・水晶・・上に乗せるだけです。
・お香セージ・・浄化力が強く、短時間でできます。

 

 

ラリマーの商品を探す


 
店主のコーナー
開運コラム
顔
開運の達人の
『楽園への扉』はこちら
QRコード
モバイルサイトも同じURLです。
対応キャリア
docomo
au
softbank